FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 本日、こんな記事を発見。

===============<読売新聞 2011年1月19日>===============
和歌山大生、観光隠れ名所を動画紹介 HP開設 企画から編集自前で

 日帰り観光客を呼び込もうと、和歌山県和歌山市中心部の隠れた観光スポットを、和歌山大生が散策し、動画で紹介するホームページ「~みんなで歩こら~わかやま散策隊」が開設された。

 同大学や和歌山商工会議所などでつくる和歌山地域経済研究機構がまとめた「わかやま散策マップ」と連動しており、産学一体となって、市街地の活性化を図る。(上野綾香)

 学生の視点で地域の魅力を再発見してもらおうと、同大学経済学部の足立基浩教授らが企画した。ゼミ生7人が、ホームページ制作会社「クラウドエージェント」(和歌山市)のアドバイスを受けながら動画を制作、出演から撮影、編集まで全てを自ら行い、約3か月で完成させた。

 (中略)

 足立教授は「今後は大阪南部でも同様の企画をしてもらい、相互交流を図ることで、和歌山への観光客を増やすことができれば」と話していた。

==========================================================

ってことで、youtubeの映像を視聴しました。
確かに、面白い試みであるのは認めよう。
素人がつくったには、頑張っているのが感じられるし。




だが、しかし!




敢えてキビシイ言い方をさせてもらうと、
これは制作者のオナニーでしかない!!


卒業制作の想い出作りにしか思えないのですよ。

なぜこの企画が、映像である必要性があるのか?
よっぽど写真と文章の方が、見やすいし、楽しくない?

わざわざ映像でつくる意義、みたいなのが
作り手も見えてないんじゃないかな?

技術的な粗は、今後の成長に期待するにしても、
(インタビューはマイク使おうよ、編集はもっとバッサリとテンポよくしようよ・・・など)
この制作に約3か月かかってるんなら、
おそらく同様の動画が2~3個アップされたくらいで、
この企画自体が立ち消えになってますよ。
(なぜなら、卒業制作気分でしかないから)

せっかく時間と人と労力使ってつくるんなら、
より意義のある、より多くの人に見てもらえる物を
もっと脳みそ絞って考えた方が良いんじゃないかな?
勿体無いよ。



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakayama2010.blog111.fc2.com/tb.php/3-22a6e2d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。