FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本初の快挙達成です。

====<msn 産経ニュース 2012年1月25日>====
熊野TBがファイナル3団体に
「明日へのツーリズム賞」


 ■4月に最終結果 日本初の選出

 田辺市の社団法人「市熊野ツーリズムビューロー(TB)」は24日、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)が毎年選ぶ「明日へのツーリズム賞」の「デスティネーション管理」部門でファイナル3団体に選出されたと発表した。国内の団体では初で、4月に東京で開かれるWTTCグローバルサミットで最終結果が決まる。

(中略)

 同ビューローは平成18年設立。旅行者のニーズに対応した細やかなサービス提供を売り物にした、国内ではほとんど例のない着地型旅行業を営んでいる。インターネット上に英語の予約管理システムを構築。世界遺産の熊野古道や熊野本宮大社、本宮や龍神の温泉といった観光資源をメーンに、世界の旅行者の要望を受けて旅行の行程などを作っている。

 同ビューロープロモーション事業部長のブラッド・トウルさん(37)が、こうしたシステムを紹介するなど、活動や理念をまとめ英文で応募した。

(以下省略)
=======================================

ブラッド・トウルさん(37)キタ――(゚∀゚)――!!

ちょうど1年前のエントリーで注目した、カナダ出身の方ですね。

ブラッドさんが英文で応募し、これが日本初の選出となった、と。
いや~素晴らしいですね。


ちなみに、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)とは・・・
  ロンドンに本部があり、世界の旅行関連企業およそ100社で構成される
  民間の非営利団体です。
  「明日へのツーリズム賞」は、WTTCが世界各地で持続的な観光への
  取組みを行っている団体を募集するコンテストで、
  別名「観光のアカデミー賞」とも呼ばれている
・・・
だそうです。

しかしながら、まだファイナル3団体に選ばれた段階で、
最終結果は4月17日に東京で開かれる第12回WTTCサミットで発表。
争うことになる他の2団体は、ノルウェーとインドネシアなんだとか。


********
田辺市熊野ツーリズムビューローのスタッフ・ブログでは、
ブラッド・トウルさんの喜びの声が紹介されている。

  当ビューロープロモーション事業部長のブラッド・トウルは
  『明日へのツーリズム賞にノミネートされたことが、震災と台風の影響で落ち込んだ
  田辺市や周辺エリアの観光産業を蘇らせる力に繋がればと心から願っている。
  みなさん!「世界的観光地・田辺市」へ、ぜひ遊びに来てください!』
  と話しています。








「世界的観光地☆TANABE」

ブラッド・トウルさん、カッコ良すぎるわ。
何だか胸が熱くなるコメントだし。



ぜひとも、4月17日のWTTCサミットで受賞を決めて欲しいですね。

もし受賞が決まったなら、各メディアがこぞって報じるだろうし、
ブラッド・トウルさんが一躍時の人になっていることでしょう。
なんと言っても“観光のアカデミー賞”ですからね。

 #各メディアの皆さん、今すぐ密着取材を始めた方がいいんじゃないっすか??
  NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」
とか、MBS「情熱大陸」とか。


そして名実共に「TANABE ~ A World Class Sightseeing Destination~」に
なっているのも、そう遠くない未来なのかもしれない。




関連記事:カナダ出身のブラッド・トウルさんに注目!(2011.01.30)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。