FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   奇しくも、あの“3・11”以来の更新・・・。

「2011年ランキング」くくりで、和歌山の1年を振り返る。


====<msn 産経ニュース 2011年12月19日>====

グーグル年間ランク 和歌山県関連
「みなと祭 花火」が検索トップ


インターネット検索大手グーグルが2011(平成23)年の年間検索数ランキングを発表した。
都道府県ごとの地域別ランキングで和歌山県関連の検索キーワードは、
和歌山市で開かれる花火大会「みなと祭 花火」がトップに入った。

全国総合で昨年に比べて検索数が増えた急上昇ランキングでは、
「地震」や「放射能」など東日本大震災や福島第1原発事故関連が上位を独占した。

(以下省略)
=======================================

TOP5は以下のとおり。

【和歌山県】
1位 みなと祭花火
2位 福山雅治
3位 智弁和歌山
4位 アドベンチャー ワールド
5位 和歌山県 白浜

ちなみに・・・
・「花火」というキーワードは、新潟、福井、岡山でも1位を獲得。
・2位の「福山雅治」は、昨年ビッグホエールで行われた全国ツアーの影響。
 沖縄県でも第4位。
・3位「智弁和歌山」の様に、高校野球関連キーワードとして、
 島根県では、開星高校・白根尚貴のニックネーム「ジャイアン」が1位。



その他の結果で、主だったものを見てみると・・・



【香川県】
1位 うどん

さすが“うどん県”(笑)
誰もが納得の第1位。



【愛媛県】
4位 みかん

「ムムム!(川平慈英風)」
我が和歌山にもランクインしていないキーワード。



【大分県】
1位 萌えおこし

!?



西日本の平和なランキング結果に比べ、
東北では切実なワードが並ぶ・・・。

【福島県】
1位 放射能
2位 チェルノブイリ
3位 東京電力
4位 避難
5位 メルトダウン

【宮城県】
1位 地震
2位 震災
3位 津波
4位 停電
5位 避難所

【岩手県】
1位 地震
2位 津波
3位 避難
4位 安否
5位 世界遺産


2012年は、各都道府県のランキングに、
平和でおバカなワードが並ぶことを願うばかりだ。



====<わかやま新報 2011年12月28日>====

和歌山県民は「全国一風邪ひかない」



和歌山人は風邪をひかない?。
県民がこの一年間で風邪をひいた回数が平均1・94回で全国で一番少なかったことが27日、 気象情報会社ウェザーニューズ(本社=東京都)の 「冬の風邪事情調査」 で明らかになった。

今月12日から18日まで、同社の携帯サイトなどでアンケートを実施。 2万175人の有効回答をまとめた。 最も風邪をひいたのは富山県(2・76回)で、全国平均は2・3回だった。

この他、 和歌山は 「風邪から回復するまでにかかる日数」 が4・26日と全国2位の早さを誇っている。 ただ、 「風邪をひいても休んだことのない人の割合」 は5%で45位にランク。 風邪はひかないが、 ひけば休む人が多いことが分かった。

(以下省略)
=======================================

【参考資料】
都道府県別ランキング



私も風邪をひかない方だし、ひいたとしても1日で治す自信がある。
県民性だったんだろうか??



====<AGARA紀伊民報 2011年12月20日>====

龍神温泉が秘湯部門で1位 
全国人気温泉地の満足度ランキング



和歌山県田辺市龍神村の龍神温泉が、リクルート(本社・東京都)の発行する旅行情報誌「じゃらん」が実施した「人気温泉地ランキング20+ 件2012」の満足度ランキング20+ 件秘湯部門で1位に輝いた。台風12号の影響で観光客が減少する中、龍神村の観光関係者は「うれしいニュース」と喜んでいる。

(中略)

満足度ランキング秘湯部門は、回答者のうち訪れたことのある人が50人以上75人未満だった44温泉地が対象。龍神温泉の満足度割合は93・2%で、総合部門でも6位に入った。あこがれランキングでも48位に選ばれている。

龍神温泉は1300年ほど前、役行者小角によって発見され、平安時代に弘法大師が仏教の八龍王の一つ「難陀龍王」の夢のお告げによって浴場を開いたと伝えられる。江戸時代には紀州藩の別荘地として栄え、群馬県の川中温泉、島根県の湯の川温泉とともに「日本三美人の湯」としても知られている。 
(以下省略)

=======================================

●全国満足度ランキング
(最近1年間に、行ったことのある温泉地のうち、「満足した」温泉地)

秘湯部門【左記のうち訪問者75人未満】
1位 龍神温泉(和歌山県)  93.2%
2位 奥蓼科温泉(長野県)  89.7%
3位 高湯温泉(福島県)   89.6%



満足度93.2%は驚異的な数字ですね。
ぜひ一度行ってみたいものです。

同じく、旅行情報誌「じゃらん」が実施したランキングに
少し古いデータですが、こんなものも。


====<Business Media誠 2010年3月31日>====

地元への愛着度が最も高いのは「沖縄県」、低いのはどこ?

あなたは地元に愛着を感じていますか? 18歳まで最も長く住んだ都道府県について聞いたところ、「愛着を感じている」と答えたのは「沖縄県」(65.0%)が最も多いことが、じゃらんの調査で分かった。次いで「北海道」(62.6%)、「京都府」(57.4%)、「福岡県」(54.0%)、「宮城県」(53.5%)と続いた。

一方、最も少なかったのは「埼玉県」(16.0%)、次いで「山形県」(17.6%)、「岡山県」「和歌山県」(いずれも20.0%)という結果に。
=======================================

【地元に愛着を感じるか(各単一回答)】
1位  沖縄県 65.0%
2位  北海道 62.6%
3位  京都府 57.4%
4位  福岡県 54.0%
5位  宮城県 53.5%
6位  鹿児島県50.5%
7位  滋賀県 50.0%
8位  大阪府 46.0%
9位  神奈川県45.0%
10位 兵庫県 42.6%



41位 山口県 22.8%
42位 岐阜県 21.8%
43位 秋田県 21.5%
44位 和歌山県20.0%
    岡山県 20.0%
46位 山形県 17.6%
47位 埼玉県 16.0%



Q:地元に愛着を感じるか?
44位 和歌山県(20%)

低っ!!


たった5人に1人しか
和歌山に愛着を感じていないんですよ。


全ての和歌山人に、
俺が毎日着てるTシャツを
送りつけてやろうか!?

















あっ、ウソです。
ちなみにPhotoshopで作ったんですけど、
「WKYA」って収まり悪いっすね。



ちなみにこんな結果も。

【地元のおすすめ度(各単一回答)】
1位  北海道60.6%
2位  沖縄県56.3%
3位  長野県53.5%
    長崎県53.5%



13位 和歌山県41.0%


他人にオススメするが、自身で愛着をもたない和歌山県人?
住むにはあまり良くないが、旅行で来るにはオススメ?

この結果はどう捉えれば良いんでしょうか?

スポンサーサイト
 本日は、島根県のこんなニュースから、和歌山を考えてみたい。
「人の振り見て我が振り直せ」ってことで。

===============<SANSPO.COM 2011年1月26日>===============
「砂丘はありません」島根が自虐カレンダー

 「日本で47番目に有名な県」「いいえ、砂丘はありません」-。島根県の知名度が全国的に低いとして、それを逆手にとって自虐的に存在をアピールする異色のカレンダーを同県東京事務所が企画、東京・日本橋のアンテナショップで販売している。

(以下省略)
========================================================

まあ、こういう自虐的なPRって
話題作りとしては悪くない方法なのかもしれないが、
気分悪いよね。

少なくとも島根県民は、いい気分じゃないと思うよ。


島根県って言えば、
神話時代からの歴史ある土地だし、
出雲大社なんかは、人生で1度は行ってみたい場所の1つだ。



もちろん、田舎なのは知っているけれども、
決して悪いイメージは全く無く、むしろ良いイメージの方が多い。

それが、こんな自らの自虐的なPRを見せられると、
良いイメージを持っているだけに、ガッカリ感が強い。

なぜなら、
県民が自ら貶している様な場所に
他府県民が、わざわざ行きたくなると思いますか???




これが和歌山のニュースじゃなくて、
何かホッとしましたよ。


===============<**新聞 20XX年X月X日>===============
「四国じゃありません」和歌山が自虐カレンダー


みたいな事やりそうじゃない?和歌山県って。
















!!












やっぱり、あった!!!










以前、このブログでも紹介したクソ企画の続報が!!!


===============<紀伊民報AGARA 2011年1月26日>===============
「もっと言って!」 首都圏で和歌山の「悪口」募集

 和歌山県は東京で、和歌山への否定的な意見を募集している。関東からの宿泊客が1割程度と低い理由を探り、誘客に生かすのが狙い。すでに「どこにあるか分からない」「遠い」など率直な「悪口」が続々と寄せられている。

(中略)

「興味がない」「関西と言えば京都、奈良、大阪」「絶対に行きたいというスポットがない」など関係者には耳の痛い意見が寄せられている。

 県観光振興課は「ある程度予想していた反応。『キャンペーンで初めて和歌山にパンダがいると知った』の声もありPRの浸透不足を実感した。県関係者が気付いていない問題点を見つけ、誘客戦略に反映したい」と話している。

(以下省略)
========================================================

自分が、このブログを始めるキッカケとなった、
和歌山県観光振興課によるクソ企画の続報である。


県観光振興課「ある程度予想していた反応。」
って・・・



最初からわかってたなら、
こんなクソ企画やるなよ!!



東京在住の和歌山人として、最高に恥ずかしいです。




「こんな地方新聞の一記事に目くじらを立てることないんじゃ?」
という意見もあるかもしれないが、
「Yahoo!ニュース」等でも大々的に取り上げられてるんですよ!!

早速「2ちゃんねる」でもこの記事をめぐって盛り上がってたし。
和歌山 「東京様 に罵ってほしい」・・存在感のない和歌山県が「和歌山の悪口」を募集




島根県も和歌山県もそうだが、
なぜ役所の観光課はこうもバカなのだろう!?


確かに、こういう自虐的なPRは、
センセーショナルなので新聞・TVでは扱われやすい。
ゆえに、安易な宣伝方法を取ってしまうのだろう。





だが、しかし!



長い目で見れば、
こんなクソPRはマイナス効果でしかない!!






【和歌山県観光振興課に告ぐ】

オイ!クソ役人ども
我らの愛すべき郷土・和歌山県の
たくさんある素晴らしい所の1つでも

キチンとPRしてみろよ!

テメーら税金で食ってるんだろうが!
キチンと責務を全うしろよ!!

どうすれば、より良いPRが出来るのか?
もっと脳ミソ絞って考えろ!!!






和歌山県はもちろん、今回の島根県もそうだが、

もはや、都会じゃない事を恥じるべき時代ではない。
田舎であることに誇りを持つべきである。



より良い地方都市のあるべき姿を
もっとみんなで考えてみませんか!?

<関連記事:2011.01.19 新宿のド真ん中で、和歌山をさけぶ


 前回の記事「東国原知事、退任」を書くにあたって、
色々と調べたけど使わなかったデータを、勿体無いので掲載。

====================================
※以下、和歌山県と宮崎県の比較

<人口>※2005年国勢調査
和歌山県:103万5969人(39位)※2010年速報値では、99万8637人
宮崎県 :115万3042人(36位)※2010年速報値では、112万8412人

<一人当り県民所得>※2005年
和歌山県:2,708,000円(26位)
宮崎県 :2,212,000円(44位) 

<総観光客数>※2008年
和歌山県:31,343,000人(世界遺産:あり)
宮崎県 :12,177,000人(世界遺産:なし)

<完全失業率>※平成22年7~9月期平均
和歌山県:4.5%(21位)
宮崎県 :5.3%(39位)

<下水道普及率>※2008年
和歌山県:19.5%(46位)
宮崎県 :52.4%(34位)
====================================




まあ、色々と調べた結果わかったことが・・・


和歌山ってダメな所もいっぱいあるけど、
良い所もいっぱいある!

ってことかな。


当たり前なんだけどね。
この当たり前な事実に気付いてない人も多いんじゃないかな?

特に、県内にいると気付き辛いんだと思う。
自分の場合もそうだったけど、
県外に出ることで気付く和歌山の良さってあると思うんですよ。
もちろん、ダメな部分にもいっぱい気付くけど。


以前、仕事で和歌山・橋本に行った時。
地元の人が「いい所あるから、連れってってやる」と、
軽トラックで山奥まで連れて行かれたんですよ。

すると、手付かずの大自然(山&川!)にビックリ!
観光地化されていない、こんな素晴らしい場所があるなんて!!
いや~驚いた。


つーか、そもそも和歌山人って和歌山をけなすの好きだよね??
卑屈というか。
そりゃー近県でもある、大阪・京都・兵庫なんかと比較すると
卑屈になるのもわかりますが。

でも、田舎には田舎にしかない良さってモンがあるんですよ!
それを再確認し、誇るべき部分はキチンと誇ることが
非常に大切な気がします。


地方分権が叫ばれる昨今。
それは、今の日本にとって非常に大切なことだと思う。
やっぱり地方再生しなきゃ。
日本を変えるのは、地方から始まるんですよ、明治維新しかり。


先日の新聞・TVを大いに賑わせた、
こちらのニュースから和歌山について考えたい。

===============<毎日新聞 2011年1月21日>===============
東国原知事:退任 「4年間の教訓は一生の思い出」 県民ら別れ惜しむ /宮崎

 東国原英夫知事が20日、任期を終えて退任した。
最後の公務を終えた知事は退任式、記者会見、退庁セレモニーに臨み
「4年間の教訓は一生の思い出、糧になる」などと感謝の言葉を述べた。
県庁前には約1500人の県民らが詰めかけ、別れを惜しんだ。【石田宗久、小原擁】

(中略)

 県外の知人に「マンゴープリン」を買い求めた宮崎市月見ケ丘の無職女性(67)は
「宮崎牛、宮崎地鶏など良い食材があったのに、
PR不足でいまいち全国的に認知されていなかった。

知事のトップセールスのおかげです。県のイメージアップのために頑張ってくれたことに感謝したい」と語った。

(以下省略)

===============<J CAST 2011年1月21日>===============
東 国原知事退任―本人がはしゃいでいるだけ?総選挙、都知事選出馬

宮崎県の東国原英夫知事が昨日、1期4年の任期を終え退任した。
退任会見と退庁式のVTRを見たメインキャスターの小倉智昭は、「宮崎県民の多くがもう1期やってくれと望んでいたようですね」と話す。
   任期中の支持率が8割以上だった東国原は、会見で
「今の国のシステムや構造を変える必要がある」と強調。

(中略)

宮崎県民の実績評価は「知名度アップ」

   そこで、「とくダネ!」は在任中の東国原の政策をどう評価するかを宮崎県民50人にアンケート調査した。
第3位が鳥インフルエンザ対策で、2位が口蹄疫問題。この対策に国と何度も対立したというエピソードをレポートしている。
そして第1位がメディアに度々登場して県の知名度を全国区にし、
その経済効果は1500億円以上といわれている点だった。


(以下省略)
==========================================================

東国原元宮崎県知事が一番評価されている部分は
元タレントという強みを最大限に利用した”宮崎のトップセールスマン”としてだ。

完熟マンゴー「太陽のたまご」、宮崎地鶏、宮崎牛・・・など、
知らない人はいないんじゃないかな?

任期中の4年間は、宮崎ブームが巻き起こった4年間と言っても過言ではないだろう。
連日、メディアを賑わせており、その経済効果は計り知れない。

では、これほどまで効果を上げた宮崎県のやり方を
我が和歌山県がマネできないだろうか?



★宮崎メソッド・その壱 <名産品>
まずは、名産品について。
日本一の物をざっとあげるだけでも・・・

みかん、梅 、はっさく、柿、山椒 、麻雀牌・・・など。


全然あるじゃん!!


これらを、どうやってPRするのか、が問題。
宮崎メソッドに習うとすれば、
とにかくメディアに露出しまくるってのが手っ取り早いかもね。


宮崎完熟マンゴー「太陽のタマゴ」なんかは、
島田紳助さんが、各局のTV番組で宣伝しまくってたもんなぁ~。


ってことで結論。




紳助さんに大量に送りつけて、
TVで宣伝してもらう!!


これに尽きるね!

※TVでの宣伝ってことで1つ言わせてもらえば、
 各地方の、それほど有名じゃない名産品を持つ自治体・組合なんかは、
 広告代理店に金払って、必死で宣伝してましたよ。
 あご足付きでTV番組に取材しに来てもらったり。
 (どこでもみんなやってる事なんですかね?よく知らんけど)



★宮崎メソッド・その弐 <観光>
そもそも、和歌山県の観光ってどんなもんなの?
ってことで宮崎県と比較してみる。



<総観光客数>※2008年
和歌山県:31,343,000人(世界遺産:あり)
宮崎県 :12,177,000人(世界遺産:なし)




へっ?和歌山の方が全然スゴくね!?




勝手なイメージで、宮崎の方がスゴイと思い込んでたけど、
和歌山ぜんぜんやるじゃん。
先日の記事でも書いたが、
 JR山手線全29駅で「和歌山の悪いところ」を聞くアンケート
 なんかはやっぱり、愚の骨頂だと思う)

確かに、近畿で比較すると最下位のようだが、
全国比較で見れば、そこまで悪くない模様。


ということは、これまたどうやってPRするのか、が問題。
宮崎メソッドに習うとすれば、
これもまた、メディアに露出しまくる!ということが大切。


ってことで結論。




紳助さんに和歌山でロケしまくってもらう!!!

やっぱりコレでしょう!

※「クイズヘキサゴン」のスペシャルを南紀白浜でやってましたね~。
 ああいうのは凄く良いと思いますよ。

※映画やTVのロケ誘致をする「わかやまフィルムコミッション」って
 所もあるのだが、あんまり良い印象ないんだよね~。
 この件については、また後日。



★宮崎メソッド・その参<トップセールスマン>
さあ、最大の問題がコレ!

またまた宮崎メソッドに習うとしよう。
すると、自ずと出る結論は。








和歌山県知事を
たけし軍団の誰かにする!!





いや、これが宮崎メソッドから引き出される、自明の結論でしょ!?
という訳で、たけし軍団の中で和歌山県出身者を探してみると・・・








!?







ケンタエリザベス3世
(本名、宮内 建太、1979年8月4日 - )は、和歌山県出身のタレント、俳優。オフィス北野所属。(出典:Wikipedia)









誰だコレ!?






見たことも聞いたこともなかったよ。






だが、しかし!

宮崎メソッドに習うとすれば、
”県知事はたけし軍団”というのが大前提なのだ!






という訳で、仁坂吉伸知事
すぐさまケンタエリザベス3世
その席をお譲り下さい!!!


<参考サイト:ケンタエリザベス3世オフィシャルブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。